日経拾い読み
 健康談義 医療関連記事 よもやま

2017/05/14
巨人改革論
 
読売トップ渡辺??まで言い出した。FAでとった3人どこにいる?昨年・一昨年のドラフト選手の上位指名選手、誰が一軍で働いているのか?素人でよくわからないがフロントの目が疑われるね。疑われるトップはだれか?今年の暮れは、フロントは総入れ替えだろう!現場の責任者は、村田総合コーチ、原監督時代からその座にいた。きょうの試合も村田が監督のそばにいたけ、無残な敗北・・・。
 FAでとった選手の身代わり選手が他球団で働いている。太田、平良、一岡、矢野・・・。コーチに育てる力・見る目がないからにほかなならない。巨人のコーチのもとでは、いろいろつつかれるから育たない。教える急所が的外れということか・・・。キャンプでつつきまわされて、いま2軍の岡本だが、第二の太田にならなければいいが・・・。一軍から3軍まで巡回コーチなる制度も機能しているのかどうか!?
せっかく3軍から抜擢された篠原投手が1軍で初勝利を挙げたが、もう使い古しの様、これでは新人も育たない。
 長野選手の使い方に大いに不満!
 もう完全に打撃はくるっている。それでもなお使うのは大いに疑問。内海と同じ2軍に落とせ。このまま使っていると、彼の野球生命は今年で終わる。一球ごとに審判にボールの判定を聞いている。あれはなんだ!あれこそバッテリーに自分の弱みを教えているようなもの、ボーール、ストライクの判定ができてないこと、自分の弱みを敵に教えているようなもの。投げている投手は、ここがよく見えていないな!よーし!ここ攻めろ!と、長野の弱みが、丸裸だ。こんなことを投げる前に教えているのだから、自分を一層苦しめていることになる。案の定同じコースを投げられて空振り三振!そんな場面ばかり見る。これでもプロか!?バカとしか言いようがない!?こんなことコーチが教えてやらない、注意しないのだろうか!あれだけ活躍した選手だから、口出しもできない、教える能力がないコーチばかりなのだ。

 選手会長であろうが若手を使え。太田が日ハムでよみがえった。もう一軍でレギュラーをつかんだ。DeNaの交換で見返りになった平良投手が1勝を上げた。彼は有望とプエルトリコ冬季リーグに派遣して鍛えていたのだが・・・なぜか帰国後、DeNa山口投手と交換トレード、高い金もつけてもらった山口は、まだ2軍で調整中。陽も同じく、森福も一軍で打たれ調整中だが、2軍でもボロボロに、何でこんなポンコツばかり高い金を積んで取ったのか!
 なぜかがわからないのが今の巨人のコーチ陣だ。監督が毎試合ごと、側詰めのコーチ陣に意見を聞いて、試合するのもいいかもしれないが、頭が凝り固まった監督にも問題がある。7番バッターで使われてこそ、その石川を1番に上げてプレッシャーで、せっかく伸びてきた卵を、もうつぶそうとしている。もっと我慢できないものか。長野をまだ使い続ける我慢よりは、はるかにできる起用法であると思うのだが。

inserted by FC2 system