日経拾い読み 健康談義 医療関連記事 よもやま

2016/09/28
楽天がAIを野球に
仮想現実で打撃練習システム、投球再現、楽天球団が採用、
NTTデータ、他球技にも、他球団の投手の投球を忠実に再現する仕組み、

 
野球の仮想現実VRシステム、AOIプロ、プロの投球体験、ゴーグル型のVR装置とセンサーを組み込んだバットを使う、仮想空間のスタジアムでバッターボックスに経ちプロ野球の選手が投げたボールを体験、2017年春、投球データはデータ解析のデータスタジアムの監修、投球速度や回転数、軌道再現、今後は各チームと実物の選手映像データや選手名を使えるよう契約を進める、日ハム大谷やダルビッシュの球を打つことも

 ジャイアンツの坂本選手今年の打率はすごい。首位打者はもう決まったようなもの。チャンスに打順がまわってくると投手交代を敵軍の監督が審判に告げる。その間彼はベンチで投手のデータを見ているのを見かける。もう野球もデータなしでは戦えない。今年打撃トップでも、来年はどのように弱点を見つかえられるかもしれない。AIやビッグデータは野球そのものスポーツ全体を変えてしまうかもしれない。

 カド番だった豪栄道が優勝するのだから、勝負の世界はあすがわからない。もう来場所の横綱の話が話題に上っているが、たぶん今のままではよっぽどの練習と頭を使わないとダメでしょう。もうデーターでAIを使って取り組みも研究されている時代に入ったのですから、ロボットが名人に勝つのです。いってはなんですが、稀勢の里あれだけ期待され続けているのに負けるのはなぜでしょう。頭が悪いからです。怒られるかもしれないですから訂正しますが。頭はよくても勉強をしないからではないでしょうか。稽古をするより禅を組むとか滝に打たれて修行する方が大事なのかもしれません。優勝してもダメな琴奨菊毎度手口が同じ、なんの進歩もないただ前に出るだけ、あれでは早く下に落ちてしまえばいい。あれでは素晴らしいお嫁さんにいずれ三下り半とならなければ・・・いらぬ心配であってほしいのだがなかなか世間は甘くない。
でもそれを知るように努力すると必ずいい結果がしないよりは出るということを知っておくべきだ。
女子バレーの監督がノートパソコンを見ながら指示していたのを見たことがある。卓球もオリンピックでパソコンが活躍していた。一人の監督、コーチだけの力で勝負に勝つなんてことはもう昔の語り草となっていくのではないでしょうか。

 東大に合格率が飛躍的に伸びた高校と、西大和高校が紹介されていた。夏休みはなし、夏休み塾に通うのを学校で授業する。一日7時限の勉強だそうだ。勉強に遅れたものが7時限目の従業を受ける。授業にノートパソコンを取り入れ、一クラス60名大勢で競うためクラス人数は多い方がいい。成績は上位からすべて教室に貼り出す。
スマホもゲームにだけ使うのではなくAIとプログラムとか勉強に使えるようにしたらいい。使い方を間違えているのです。今の大学生の中にはスマホでできても、ワープロやエクセルができない。「卒論を手書きでもいい」ですかと、教授に聞きに来る学生がいるとか・・・。パソコンを知らずスマホを最初に手にするようになったから。

 いまエクセルマスターブック2010を見ているが、いまさら何をと言われるかもしれないが基本から勉強している。脳の活性化のためにと思いついたのだが、意外に簡単なことでも知っていたが使ってないとか、あらためてエクセルの素晴らしさを少し知った。全部知るにはもう頭がついていかない。もっと最初からこれを知っていたのならもっと営業が楽に面白く展開できていたのではないか、と思う機能がいっぱいある。
 基本が大事だが応用ができるかどうかがなお大事だと、今更ながら残念に思うことばかりだ。
 しかしながら残念にだけ思うことはない。基本を知って応用までを勉強してみようと思ったことが大事なのだ。それこそ脳の活性化や若返りのもとになることだと思えば、心配することはない。楽しんでできるだけ、わからないままでもいい、挑戦しようとしている心構えだけでも、心が沸き立ってくるようだから納得してやっている。

小学校からプログラムを教える方向になっている。
AIができたり、新しい考え方ができるからいいのだと思う。自分がパソコンをやりだしたのが40代後半だった。ポケコンと言われていたころで、プログラムは1行目から2行目というように番号順に処理されて、1プログラムしか同時に進行しない。今はメモリが多ければいくつでも一度に別の計算をすることができる。多機能パソコンのわけです。便利になっても操作が難しくなっているが、この歳でもなんとかWindowz10を操作して何とかついていけるのは、やはりパソコンを若いころからやっていたからだろうと、感謝している。
 覚えることが多いだろうが、小学校からプログラムや英語など勉強できるとは、今の人は幸せな世界に生きておられることを感謝すべきだろう。暗記力がすべてではない。今の勉強は学校も塾も暗記力をうまく上げるようにしているだけで、個人の創造力や独創性がおろそかにされている。と、いえるかも

inserted by FC2 system