2017/06/21
 いまが絶好のチャンスです。健康長寿のスタート台です。
 外は雨だが我が家の二階には、ドクダミ乾燥葉の香りでいっぱいです。もう今年も何回ドクダミ採取に出かけたことか、出来上がった乾燥ドクダミ葉が、大きなビニール袋に満杯です。5月から6月に採取して乾燥させて、ドクダミ酒やドクダミ茶として利用するのです。
 腰を屈めて、ハサミでドクダミ採取し、きれいに洗って乾燥させるのは、この私の体には、少々堪えますが、1年の健康の源泉は、ここからと思えば、疲れも吹っ飛びます。
なにせ原料はあたり一面にあり、「タダ」なのですから贅沢は言えません。

ドクダミ酒(純米酒に漬け込む、アロエを切り刻んで入れたものもある)
化粧水、リンス、虫刺され、あかぎれ、乾燥肌、肌荒れ、髭剃り、日よけ、水虫、イボ、花粉症、アレルギー、冷え性・・・に効果がある。これぞ十薬と言われる所以だろう。

 漬け込んだドクダミは、袋に詰めて風呂に一年中入浴剤として活躍です。
 妻のアレルギーはもう出ません。朝のむドクダミとアロエの煎じた茶もよかったのでしょうが、入浴剤としても効果がある。2〜3日は返し湯です。濁り湯温泉の気分です。10〜15分は41度で歯磨きしながら、袋を頭にのっけて庄助さん気分です。抜け毛が少なくなります。脳まで成分が届いているのかもしれません。
 使い終わったドクダミと「アロエの葉っぱ」は、庭に戻す。畑の養分として捨てるところはどこにもありません。我の野菜生活で健康支える一番の栄養剤なのかもしれません。
 ドクダミ茶の飲用で、高血圧や血糖値・・・など、健康検査数値が格段に改善されたことも驚異的なのです。
私の血管年齢は14歳も若い。わたくしより4歳若い妻も血管年齢は6歳若いが、それよりもなお若いのですから、驚きです。
 今まで血液検査で血管が細くて低血圧で温めたり叩いたりして、血管を太く浮き上がらせたり血液検査をするのが大変でしたが、今は、血管も太くなり血流もサラサラ、血液採取は簡単なのです。何であんなに悪戦苦闘したのだろうか、不思議なくらいです。
 夏にも冷え性で苦しんでいたのですが、今はその心配もなくなりました。
これをドクダミ効果と言わずして、何と説明できるでしょうか。

inserted by FC2 system