2017/04/23
胆石が見つかった!

 がん手術後の術後健診で、なんと胆石が見つかった。5ミリぐらいで4個で、まだ痛みは感じない。胃の摘出をした患者は、胆石ができることが往々にしてあると。
まだ身体に痛みは感じないし、そんな気配は少しもない。昔のまだ40代のころだが、会社の同僚で、胆石で「痛い」と、お腹あたりを抑えて男を思い出す。ちょっと小太りで、食事も不規則しかたがないと、よく言っていた。
 ネットで調べてみたのだが、コレステロールが固まって胆石になる。胃の仕事ができないわたくしにはその負担が腸や肝臓にかかる。胆石の正体はコレステロールで7〜8割が「脂肪と糖質」なのだそうだ。通常の体の人ならば、食べ物は、胃で吸収される前処理をするのだが、胃を摘出されたわたくしには、それができない。腸や肝臓がその役割をしなければならない。それ分余計に負担がかかるのは当たり前だ。
 手術をしてから63キロあった体重が44キロまで下がった。どうしても体を戻したいわたくし、食べることが、リハビリの主命だと認識していた。
一気に食事をたくさん食べられない。何回にも分けてゆっくりと食べなさいと・・・。すぐお腹が空くし、間食も多く一日に5度ぐらいの食事になることが多かった。
お菓子や果物をリハビリのためにと、よく食べた。間違いなく糖質は多かった。いつもの健診で、一番気になるのはそれだった。
 その結果の悪弊がやっぱりと・・・。受け止めざるを得ない。ゆきすぎ、やりすぎは、私の昔からのわたくしのわるい癖、あきらめざるを得ない。
 幸いなことに、がんの転移や再発はない。その点、感謝しなければならないが、胆石とこれから戦わないといけない。治してやろうと誓った!

inserted by FC2 system