2017/04/17
 耳がよく聴こえると、ひらめきや新しいアイデアが沸き上がる。
 片方の目を掌で閉じてモノを見てください。遠近感がわからなくて、歩くのにちょっと不便を感じるでしょう。それと同じで片方の耳が聞こえないと、話し相手の言葉やラジオテレビの声がはっきりと聴き取れない。聞こえていても理解できない。特に、騒音の中では全く理解できない。食事中とか食べ物を噛んでいると、まったく内容が理解できない。もうその状態が何年も続いていたので、もう聞こえないものと決めていたから、関心を示さず聞き耳を立てないからなお理解ができなかった。
 片耳は聴こうという意思を持たないから、なおさら退化していったのだろう。

 神の手を持つ医師から、私の左耳手術でなおりますよ。と言われて意識していたら、「サー」か「シー」か?よくわからないが「耳なり」がしてきた。今ちょっと静かなところにいると鳴っているのだろうと気になるぐらいだが、意識しないとあまり気にならない程度の耳鳴りです。
 脳神経が刺激され働いてきたのです。
あなたの耳は聞こえますよ。と、「聞き耳を立てて物音を聞く」ようになった。脳神経の刺激がリンパに影響を及ぼしている。リンパの音が「耳鳴り」として聞こえてきていると何かの本で読んだ。きっとそうだ。

そんなことないよ!と言われても、わたくしにはわかるのです。感じるのです。
「音楽療法で」脳神経が若返り、再生をすることがわかっています。ただ音楽を聴くだけで、交通事故などで再生不能と言われていた人の脳でも再生される事実があるのです。
「耳が聴こえる」ことは、脳細胞や神経にすごい刺激を与える。音楽や歌などただ聴くだけでも、脳細胞を刺激していることなのです。ボケや認知症にならないための予防や回復に効果は 計り知れないほど高い。それをよく知っているだけに「耳が聴こえる」なったことは、すごくうれしい。
「ひらめきやアイディア」が歩くとき、不思議にどんどん湧いてくる。
ほんとに不思議なことです。耳に入ってくる情報が脳の細胞に刺激を与えている。

inserted by FC2 system