2017/03/12
ココナツオイルのうがいで歯がピッカピッカ!全身をデトックス!
 「油が危ない!」と大騒ぎ、マクドナルド、ケンタッキーなど外食が窮地に陥てから、もう何年たったか!?消費者は甘いもので、目先の商品につられて、あの苦い経験は、もう忘れてしまったかのよう。半年もさらしたバター、変色しても腐らない、それがトランス脂肪酸の本体と、不買運動がおこり、大騒ぎしたのをもうみんな忘れてしまっている。安全な油だと、俄然人気になった「オリーブオイル」、「ココナツオイル」や「亜麻仁油」は、品切れになるほど売れたのだが、もう何処を見てもこれら製品は、いま余りかえっている。
 トランス脂肪酸は、植物由来とかで、そのまま使われているのです。アメリカではトランス脂肪酸の製品は、使用・販売禁止になっているのですが、日本では何ら厳しい制限も法律もなく以前のままなのです。「安全」より「安い」を先行させて、そのまま、見過ごしているのです。これではいつまでたってもアレルギーや花粉症、生活習慣病はなくならない。当然でしょう。政治は森友だ!北朝鮮だ!PKOだ!・・・審議することはいっぱいなのです。国民の健康を考える暇はないのです。安倍さん自分の身を守るに精一杯なのですから・・・。気楽にやれるのは昭惠夫人だけ…今のうちは・・・。

 ところで本論の「あぶら」の話ですが、オリーブオイルがあるからこそ、私はその恩恵にあずかって、いま生きて入れるのだと実感している。
しかしココナツオイルがこんなにいいとは知らなかった。
ココナツオイルは、「中鎖脂肪酸」で、代謝が早く、カロリーが消費されやすく、ダイエット効果がある。ビタミンEが豊富なため肌を乾燥から防ぎ、かゆみや肌荒れなどを低減!ダイエット、認知症予防、改善、抗酸化作用、インスリンの血中濃度を低くおさえ、体脂肪の燃焼を促す作用がある。

この記事絶対に秘密ですよ!
あの今話題の北の独裁者だけには、教えたくないです。

 油だけど油のようでないココナツオイル、オリーブオイルと一緒にとれば、これに優る油はない。
白澤卓二先生の家庭の医学
でみたのだけど、ココナツオイルで朝晩うがいをすれば、歯周病菌をすっかり落とし、歯がピッカぴかに白くなるそうです。歯の黄色になるのこそ、歯周病菌が歯にこびりついているのす。
 いま、司会者や漫才師、芸能人など薬品で歯を白くしているのだそうだが、そんなことをしなくて、ココナツオイルで歯がきれいにできるとなるなら、庶民にとってコスト的にも健康的にも、こんないい事はないではないか。腸内環境にもいいなんて、それこそココナツオイルにすぐる”あぶら”はない。
ニュージランドやフィリピンが生産地で有名ですが、住民の笑って見える歯が白く光る。きっとココナツオイルの”おかげ”なのでしょう!
 私はダイエットなんてしたくない。むしろ太りたいだけなのですが、腸内環境がよくなるということが気に入ったのです。それで健康に良くて、歯まできれいに、ピッカピッカになるなんて凄いじゃないですか。

 舶来食品館(原宿)が新百合にある。3月決算が近づいた。賞味期限が迫った商品を安く売っていた。ひょっと見ると、ココナツオイルと書いてある。1ダースあったが「一本100円(正価1850円)でどうぞ」とは・・・。4月22日が賞味期限となっていた。
 コーヒー牛乳や味噌汁などにもいいとか・・・。
口に含んでうがいをすれば、歯がピッカピッカに・・・。
わたくしは、そのまま、「ぐちゅぐちゅ口の中で10分、吐き出す」では物足りない。歯ブラシにつけて「歯磨きして10分」と、朝晩開始した。
さて結果やいかに
!?・・・2週間後が楽しみです。


inserted by FC2 system