2017/02/27
わたしの「耳鳴り」の原因がわかってきた。
 わたしの耳鳴りの原因はこれでしかない。「耳鳴り」は耳から起こっているのではない。いままで聞こえなかった音を脳が聴こうと頑張っている現象なのです。もう何年も聞こえることはないとあきらめていた左の耳が、新川クリニックの神の手を持つ先生から治る告げられた。うれしいですね。
 そんなことなら、もっと早く治療していれば、よかったのだが、難聴が治るなんて夢にも知らなかったのだから仕方がない。たまたまテレビで知ったのだから、知っただけでも良かったと思わなければならない。神に感謝すべきなのに、「耳鳴り」ばかり気にして、それを忘れていた。むしろ「ありがとう」と言うべきなのです。
 それを意識しだして、にわかに脳が昔のよく聞こえるころの音を思い出してきたのです。それが活動し始めた。脳が活性化し始めて出す音が「耳鳴り」そのものだったというわけです。むしろいいことが始まった。再生の準備を始めたといえる。

 いかにも早く手術をして、昔の聞こえる音をしっかり聞きなさいよ!とでも言ってるかのようです。4月になれば手術です。その日のくるのが待ち遠しいが、順番があるのです。「耳鳴りは手術すれば自然に治るでしょう」と・・・神の手の先生が言った言葉が思い出される。心配するだけ余分なこと、ストレスになるだけ余分なことは考えないようにしよう。新しい世界が開けるのだから、いまのわたくしは、ただそれを期待して準備すればいいわけです。




inserted by FC2 system