健康談義2017/02/16
 梅が真っ盛り、小田原下曽我梅祭りに行った。
平日だったので老人花盛り、みんな年寄りばかりだ。そういう私も仲間なのだが、自分では老人と思ってない。血管年齢ー13歳と言われ、まだまだ「若い、もっと若くいなれる」と思っている。
 白内障は治ったが、耳鳴りには困ったもんだ。静かなところに一人だと、「気にしない」と思っても、「気になる」ことがある。外出すると耳鳴りが気にならない。これがいいのだろう。一時間少々の道のりを電車に乗って、広い梅林を歩けば、全然気にならない。いい天気でよかった。富士山は完璧な姿を見せ、梅は満開、乗換駅のJR松田から山側に見える河津桜も一面ピンクに輝いていた。梅を見た帰りにこちらに寄ろうかなと思ったが、相当な山道を登らなければならない。また「今度に」と帰った。
 ミカンを売っている店が多かった。一袋100円、これは安い。ビタミン補給で風邪をひかない。2袋買って帰った。お土産はこれだけ・・・。
 その夜の睡眠に変化が見られた。疲れもあったのだろうが、いつもは、3時間で最初のトイレとなるのだが、5時間も続けて熟睡した。トイレに起きて4時半までぐっすり朝の目覚めは素晴らしい。やっぱりウォーキングをして寝るのは、我々には一番いいようだ。









inserted by FC2 system