健康談義 2016/05/10

こんなに温かくなっても、わたくしまだ湯たんぽを使っている。「電気アンカ」と「湯たんぽ」の熱、同じ熱でも違いは大きい。

今年になっても羽毛掛け布団1枚だけ、湯たんぽのお世話になって、2枚の布団で休んでいません。軽くてふわふわの羽毛布団が熟睡できるのです。

例年、冷え症のわたくし寝つきが悪いが、湯たんぽを使い始めて、足はぽかぽか布団に入ると、すぐ寝込んでしまいます。もちろん布団に入って、足の冷えなど感じなくなりました。

毎年の行事である乾燥肌にならなかった。足の裏はガサガサ、太腿やお尻や背中にも潤いがあって乾燥肌の気配も出なかった。

 暖かくして寝る。湯たんぽの効果は明らかだ。

長年苦しんだ冷え症や乾燥肌が、これで解決するなんて、もっと早くやってれば、胃がんんにもならなかったかもしれない。がんは体温の低い血の巡りが悪い免疫力のない人が、なりやすいとか・・・。

凝り性のわたくし、信じたら止まらない。こんなに温かくなってもまだ湯たんぽ使っているのです。よっぽどのさむがりなんだと、いわれるかもしれないが、寝るときに使っているのではありません。さすがのわたくしでも今寝るときに湯たんぽは暑くて使う気にもなりません。

朝起きるとすぐに、湯たんぽのお湯を沸かして、布団に入れる。布団乾燥に使うのです。寝るために身体を温めるために使うのではないのです。
本来の湯たんぽの利用ではなく、布団を乾燥させるために使う。一晩で健康な人でもコップ1杯から1.5杯は汗をかくそうだが、湯たんぽで起きてからすぐに乾燥させる。特に梅雨時なんかは布団を天日に干すことができない。湿った冷たい布団なんて気分が悪いじゃないですか。熟睡のための布団乾燥なわけです。毎日気持ちのいい布団で寝るためのちょっとしたアイディアです。
1年間使ってみて感じたのですが、同じ熱でも電気アンカと湯たんぽの熱の違いが分かった。
「熱いだけで乾燥した電気アンカの熱」と「柔らかな体にやさしい湯たんぽの熱」という違いがある。

私のような冷え症では、血液を毛細血管の末端まで届けるために、体全体を温かく血液を循環促進がいい。栄養をからだ全体に届けるために・・・。

 血管を生き生きと血液循環を促進したから乾燥肌にならなかった。「湯たんぽ」さま様です。

 

血液をサラサラにする食べ物を食べて体力増強にも力を入れた。

私のホームページの「好きな食べ物」の「6」をご覧ください。

http://ibuharuneo.web.fc2.com/ryouri/gurume6.html

生姜の効能ですが、いま新生姜が店先に出回ってきています。
お寿司などに必ずついて出るガリ、食べ物の悪い嫌な匂いを消したり、血液をサラサラの効果がある。

ショウガに含まれる2つの要素は「ジンゲロール」と「ショウガオール」なのですが、
「ジンゲロール」が悪玉コレステロール値を下げ、血糖値の上昇を抑える。
「ショウガオール」は傷ついた血管を修復し血流を良くして、動脈硬化など予防する働きがある。

お寿司について出るのは毒消し、生臭さを消す効果を、昔から人は知っていたのです。

 

私には胃袋がない。だから胃酸がでない。食べ物の毒消しを担う胃酸がないのです。
だから食中毒やノロウイルスには弱いはずです。今年の梅雨や真夏の暑さには最大の注意を払わなければならない。

「梅干し」と「ガリ」はこの夏の私の一番大切な食友となる。

梅干しは常時テーブルの上に置いてある。
 見れば唾液の促進になり消化を助ける。毎年漬けている甘くない。塩とチソだけで3年ものです。

ガリも自家製、今年初めて自分で作った。これからジンショウガが出てくるシーズンです。1年分を漬けで常時食べられるよう、丈夫な病気にならない身体を作らなければならない。あの普通のショウガは、ニンニクとアロエと黒酢に付け込んでいる。私の風邪薬と疲労回復薬なのです。この数年間、風邪も引かず、「風邪引いたかな」と思った時は、チョコ一杯飲んで寝れば、朝にはどこにか消えている。その効果のほどよく知っているだけに、新生姜のガリも効果も大に期待される。ガリの効能を調べていて、今の自分に一番のリハビリ補助剤のように思われる。リハビリ効果が倍増は間違いなし。信じて疑わず。

inserted by FC2 system