健康談義 2016/03/11

 今日は東日本大震災の5年目、あの時も同じパソコンの前の椅子に座っていた。

突然に大きく揺れてその後TVで異常な光景が・・・、
TVに釘ずけ・・・、ただ、わたくしにできることといえば、パソコンで健康便りを送ることができる。

 

散髪1080円、わが駅前にも初めて登場した。一か月ごとに行ってはいるのだが、今までは近くの天然温泉めぐりでやっていた。安いところで680円、おしゃれの必要のないわたくしには、それで十分だった。いつも、はさみだけで、

「耳を出す程度まで刈ってください」

というのだが、顔が痩せてきたので、少なくなった髪でも、相対的に顔の広さと比べると伸びてくれば髪の多さが目立つ。バサバサになることが多い。

「少し思い切って刈ってください」

バサッと落ちた髪を見ると、黒髪はほとんど見えない1割もない。こんなに白髪になったのか、手術からもう8ヵ月。殆ど気にしていたのは体重ばかり、頭のほうはすっかり忘れていた。病気やストレス・苦労をすると、頭が一気に白くなる人を人ごとのように思ってみていたが、今自分がなっていることに驚いた。

 

大阪大学が研究で加齢や薄毛になる理屈を解明したことが頷けた。コラーゲンが減少して毛包を縮小する。齢とって毛が生えにくくなるのは、タンパク質の一種のコラーゲンが減り、毛を生やす器官が縮小するからだと。

これでよくわかった。コラーゲンは20歳を頂点に減っていくばかりなのだそうだが、散髪屋でバサッとやってくれた毛髪の量は、少なくはなかった。むしろ白いがこんなにあるとは思いもしなかった。

 

今でも続けているドクダミ+アロエ酒の効果があればこそ、白くはなったが量は多かった。納得です。効果が歴然だといわなくてはならない。退職してからもう16年あまりになるが、洗髪もシャンプーとリンスを使うだけ、ヘアクリームなど使ったことがない。まだ退職前に使っていたリアップが洗面台の鏡の裏にあるだけ使ったことがない。それでもいまだ髪の伸びだけは早いではないか。

ドクダミの効果は白髪なるのを止める力はないが、脱毛を抑え、髪を伸ばす力は十分あるのではないか。16年のこの体験が証明したようなものだ。

http://ibuharuneo.web.fc2.com/kenkoh/2016/ken20160211.html

 

ご参考(医療関係記事)

http://ibuharuneo.web.fc2.com/kanrenkiji/ipssaibo2016.html

 

2/11

東京医科歯科大学西村栄美教授が、マウスの実験で加齢による薄毛なる理屈を解明した。
コラーゲンの減少が毛包縮小する、年を取って毛が生えにくくなるのは、タンパク質の一種のコラーゲンが減り、毛をはやす器官が縮小する、コラーゲンの分解を防ぐ物質を探し出せば毛が薄くなることを防ぐことができる。

 

inserted by FC2 system