健康談義 2016/02/02 6チャンネル「駆け込みドクター」で・・・。
 
 がんになり安い人は
4番目は遺伝子
3番目はピロリ菌
2番目はタバコ
1番は何か・・・・塩分取り過ぎ。100%が癌になるという
自分はがんになるようにやっていた。全くこの通りなのです。どれにも当てはまる。
 3番目のピロリ菌、15年前に医者に薦められてピロリ菌は退治をした。それでも人生の3分のはピロリ菌と過ごした。当時は、また薬ができたてで副作用が多いとか・・・胃袋を痛めるとか・・・脅かされて飲んだのだが、一週間飲んでピロリ菌を除去できた。胃がすっきり、むかつくようなことがあったが、退治後は食欲が出てご飯がおいしい。
 ところがタバコはフィルター付きのセブンスターだが、むちゃくちゃ吸った。麻雀をよくやったのだが、麻雀の徹夜などでは毎日吸う2~3箱の上に、2~3箱を別に吸っていた。指先が黄色くなり、口の中は苦くでイガイガで、のどはガラガラだったこと覚えている。あれだけ吸えば、歯の裏側は真っ黒で肺の中はダールでべとべとだったろう。今考えてもゾーッとする。
「肺の方も相当汚いですね」と・・・医者。胃の切除後肺も・・・肺がんも覚悟していた。
 胃摘出後2か月、肺も開いたが検査の結果、幸い肺は汚れてはいたが、悪性ではない、ほかの臓器にも転移がなかった。

 がんに100%なる原因1番は、「塩分の取り過ぎ」、私のことをと納得した。
私の人生の前半戦は、この全く順位通りで、この歳までがんを発症しなかっただけでも不思議なぐらい。肺結核になってタバコをやめたのが、これまで生きてこられた神からの警告だったのだろう。「健康談義」をいまだ続けられるのも、このおかげだ。
 
 昔から漬物好きで、ここ4~5年、自分で漬物はつけていた。白菜や、糠漬け、アミ、いか、塩辛、明太子・・・もう辛い物ものに目がないわけだ。白菜の漬物は、特に最近はよくつけた。
 ミカン、リンゴ、カキ、と必ず乾燥させて保存しておく。11月ごろから漬け込んで近所にも配ったし、孫がうまいというものだから、白菜の漬物をよく食べさせた。妻は私のようには食べない。血圧が高いと敬遠していた。

私はすっぱくなるほど漬かった白菜が好きなのです。子供のころから漬物は食卓の上にないと淋しい。必ずあった。梅干、ラッキョウ、味噌漬け、田舎の定番でよく食べた。その習慣を退職してから続けていた。しかも毎度3食に、食卓にないと面白くない。妻のいうには血圧が・・・というのだが、お構いなし。漬物には必ずかつお節、醤油をかけ、御茶漬けなど冷や飯を食べるのが好き。
 
塩分過多は100%がんになると、TVの医者が言っていたが、やはり昨年の「胃の全摘」なるようになってしまっただけ。テレビで100%がんになる塩分の摂り過ぎ、まさに私が実証したようなものだ。ひょんなところで自慢など・・・。

 

inserted by FC2 system