健康談義 2016/01/29
 ドクダミリンスはいい。わたくしには市販の養毛剤を上回る。
経験したドクダミン効果は頭の毛が抜けない。フケも出ないし、頭の腫れやオデキで悩む人、アレルギーで悩む人にはいいのでは・・・。

 
私はもともと耳が弱かった。聴覚が弱かったのは子供のころだった。夏は近くの川で水泳の毎日、水が入って、中耳炎はまいねんおこと、よく耳ダレを出していた。いつも耳の中はジクジクして、気持ちが悪いので、耳かきや綿棒で突いていた。薬を塗ることもあったが効き目が悪い、決して完治することはなく、成人するまでずーとジクジクを引きずっていた。
 
 ドクダミ酒を寝る前に耳の中に・・・塗る。
綿棒にドクダミ化粧水、耳の穴をきれいに掃除するようにつけて寝るのです。1ヵ月も続けたろうか、耳の中のじくじくはなくなり、耳の中はサラサラ耳垢もなくきれいになった。
 ついでに、鼓膜や聴覚もよくなればと思うのだが、なかなかそこまではいかない。
でも、夏場になると耳の中に汗をかくが補聴器をつけても耳の中のじくじくがなくなっただけで気分も爽やか。補聴器はつけるのが好きではないので、ラジカセをつけて歩くのが楽になっただけでも気分が爽やかです。
出かけるときは補聴器でなく、耳には常にラジカセが当たり前です。

 最近始めたお風呂で温シップですが、風呂につかりながら眉間鼻柱にドクダミの袋を当てる温シップ、目の疲れを取り、鼻の血流を促す、この相乗効果が出たのだろう。朝から頭すっきり、鼻の空気の通りが凄くいい。呼吸は楽で、鼻の穴が大きくなったのではないかと思うぐらいです。

 私はいつも上向きに大の字になって寝る。たまに横を向いたりすると、すぐに鼻がつまり目が覚めたり、いびきをかいてたのか、息苦しくなって目が覚めていたのです。
 それが殆どなくなって、よく寝られるようになった。朝の目覚めもよくなった。頭の回転もよくなったようです。物忘れも前よりは減ったよう・・・。朝の食事は私が作るのだが、やることの手順が、次から次へと浮かんでくるのです。
 これを脳や神経が活性化してきたと云わずして何という。

 今まで、こんなことはなかった。明らかに何かの効果が出ているとしか思われません。
最近変わったことをやりだしたこと、といえば、お風呂の中での
 「ドクダミ乾燥葉を詰めた袋での眉間の温シップ」と「湯タンポ」とウガイしか考えられない。
 「湯たんぽ」のお蔭で、夜中にトイレに起きる回数が減った。目覚める回数が減った。湯たんぽで温かいから血流がよくなって、熟睡できる。寝ざめがいい。翌日まで疲れが残るという感じ完全になくなった。いいことです。
 お風呂で眉間の温シップもやるのだが、風呂につかりながら歯磨きをするのが、私のお風呂での習慣です。クリアクリーン歯ブラシ、真ん中に長い毛が出ている。これが歯の間をきれいにしてくれる。お気に入りの歯ブラシです。生薬入り歯磨きでちょっと高価格ですがこれが私にはいい。歯磨きしている間でも、頭の上にドクダミ袋をすけている。2~3回風呂で温めては、繰り返します。7~8分ぐらいやっている。39~41度の風呂の温度で25~30分の入浴です。

 1週間に1回体を上から下まで石鹸で洗えばいい。毎日洗うとか洗い過ぎはもうやめた。
お蔭で乾燥肌はなくなり肌はすべすべ、何と言っても一番は、髪は抜けないこと。抜け毛は風呂の中にもない。前側はもともと広かったが横や後頭部は、まだまだ健在です。風呂の掃除のとき、前はわんさと抜け毛があったが最近は全く見ないのです。洗髪後の水抜きの網の上にもない。凄いことです。
 
頭の温シップと風呂から出ると洗面台で「生ドクダミと純米酒+アロエ」をリンスのように手で軽く頭の表皮をたたきながらすり込むようにやる。その後コップに数滴、水で軽く薄めてうがいする。現役を退いてからは市販の化粧品は一切使ってない。それでもなお頭の毛が残っているということは、この効果と思っても間違いない。

 風呂で温シップが出来ない、人への提案です。
石油ストーブなどの上に、鍋をおいてドクダミ袋を温め茶色のエキスにじみ出る、なくなるまで何回でも使える。軽く絞って、寝転んだ状態で両眼と鼻柱を温シップしたらいい。頭の温シップはできないが、「生ドクダミと純米酒+アロエ」少々を水で割ってうがいをする。最近の小学生の視力が最低になったそうだ。パソコンやスマホでゲームをする時間が多くなったからだと・・・。この習慣を励行すること、目にいいこと歴然、ぜひ子供さんやお孫さんのためお勧めする。

inserted by FC2 system