健康談義2016/12/18
目先のことより未来のことを!?

 カジノ法案が成立した。ギャンブル依存症や犯罪が増えるからカジノを廃止!と、もう簡単に法案を引っ込めたりできない?
カジノを経済振興のためにと、政治の都合で始めるのか!?

健全な遊技場なんて、賭け事の世界には存在しない。日本には、世界のどこにもないパチンコ・スロットマシーンというギャンブル(27兆円)があるではないか。
原子炉も始めるより廃炉が難しいことが福島原発でよくわかった。福島で当初の倍の21兆円の廃炉費用が掛かると分かってすら、国内で原子炉の再稼働、英国輸出の日立の原子炉受注を支援すると・・・。それで事故ったら、また国がいや我々国民が負担補償することになる。その時の政治は目先よければ、それでいいだけ!?

 プーチン大統領と安倍首相が共同経済活動で合意とか・・・、4島は「特別制度」のもとで実施と!!??。北方4島の帰属は、どこにもない。
日本への歯舞・色丹は引き渡しを明記しているものの「主権を返すとは書いてない」と、プーチン氏のこの一言、一休さんの禅問答か??また国民のカネ3000億円を食い逃げされた。
2時間以上も遅刻、思わず、「武蔵と小次郎の巌流島の決戦」を思い出した。プーチン氏、吉川英治の小説も。柔道だけでなく「五輪の書」も・・・。
目先のことより未来のことを!?と、はぐらかし苦笑い、首相のお人よし笑顔だけ目立った。
返す刃(やいば)は、ぼろぼろだが、もう桃太郎ルンルン気分でトランプ氏に会談とか、さぞデカい吉備団子を持っていくのだろうが、まえに分捕った、いや押し付けられたオスプレイは不良品、今度は何を持ち帰るのか!?やばいヤイバに、ならなけらばいいのだが。
 
 カジノ法案は「日本の経済成長戦略の目玉になる」と首相。ギャンブル依存症が心配されているいま、あえて、それをなぜいまやるか。経済活性化とか訪日客を増やすとか・・・ 海外の例を見るまでもなく、日本人には、ギャンブルに陥りやすい性格で、あまりにも過激で危険な法案だと思うがいかがなものか。旅行に出かけた人が、海外でギャンブルをして遊んできた。そんな軽い感じでいいではないか。日本では必要はないと思うのだが。もうカジノの勉強をする大学ができているのだから恐れ入る。訪日外国人は日本の文化や風土や食を目当てに来ている。カジノに遊びにくるなんて自国でできている。横浜がカジノ産業に手を挙げているが、あれだけの人格者の市長が血迷っている。政治のご都合主義だけで、方向が間違っているとしか思われない。

 いま自分のやったこと、大いに反省している。「建て前と違う」と。
 腰痛でマッサージとかサウナ、ゴルフ、いくらカネを!?
「次元が低い」と、いきなり、こんな話で申し訳ないが、
煙草を吸わなかったら、もっと健康で有益に、お金を使うことができただろう。
「無駄金ではないぞ!」という声が、聞こえてくるが!
 がんや腰痛に苦しんだことを思うに・・・。ストレス発散、健康増進のためとか、ゴルフで痛めた腰で、なおゴルフをやっていた。馬鹿な高い無駄な授業料を払ってしまった。
 「なぜ」とか、「どうして」「何のため」と・・・もっと考えるべきだった。

 「後悔先に立たず」とは云うものの
 こんな簡単なことで、しつこい腰痛が治るとは驚き
「みんなの家庭の医学」でやっていたのだが、
わたくし自身も、これに匹敵する似たような方法を毎日実践していた。

腰痛のまったく新しい療法、ストレッチ

inserted by FC2 system