健康談義2016/12/12
「ハムストリングス」ってなぁに!?

 ももの後ろ側についている大きな筋肉です。お尻の飛び出た骨から、膝小僧の後ろ側を結ぶ筋肉です。ハムストリングスが硬くなって腰痛を引きおこすもとになっているのだとか・・・。簡単なストレッチで緩めて腰痛が楽になれるとか。もともと腰があまりよくないわたくし大いに関心があった。
 みんなの家庭医学(TV)でやっていた。すごく簡単なストレッチなのです。その教え通りやって、腰ではなく、別のところに凄い効果があったのです。いつものウォーキングにスピードが出るし疲れない。坂道もすいすい足の運びがいい。昨日までのあの疲れと怠さが完全になくなっているのです。ガラリと変わったのです。びっくりです。何日も続いた怠さがなくなり、大股ですいすいと歩ける。体調までよくなったようです。

 始めた翌日には、直立した姿勢から頭を腰を曲げて膝の方向に、両の指先を地面にくっつけることができるほど、身体も柔らかくなっていました。朝のお決まりの運動だけでは、ここまで柔らかくなっていませんでした。たかが2〜3分の簡単な運動だから、朝の運動に加えよう。両指が地面より10センチ以上も離れている人は、腰痛持ちか、将来腰痛になるか、苦しむことになる予備軍です。
是非試してみてください。7〜80%の人は、これだけで腰痛から解放されます。素晴らしい簡単でいい運動です。

 ハムストリングスのストレッチですが
膝を軽く曲げられる椅子に座る、頭と上体を両ひざの間に、両手は足首後ろを外側からしっかりと握る。その状態で膝を伸ばしながら、静かにお尻を上に、できる限り持ち上げて、10秒間辛抱する。お尻や太もも、ふくらはぎにツッパリ感が奔ります。はじめは無理せず、できるところまででやめる。この繰り返し、はじめは3回ぐらい。できるようになれば5〜6回、ただこれだけです。朝晩やれば1週間でたいていの人は大幅に腰痛改善に役立ちます。私は以前、「腰椎椎間板ヘルニア」と診断されていました。

inserted by FC2 system