健康談義2016/11/22
松本楼のカレーと日比谷公園の菊花展


 2年ぶりの日比谷公園菊花展での写真一杯とった。自分のいままで見た菊では、一番立派かもしれない。でもその大きさはなんだか薬か肥料によるのではないかと思われるぐらいだが、そんなことより何時見ても菊は素晴らしい。携帯やパソコンの壁紙にして楽しんでいる。日比谷と言えば、松本楼だが、お昼に友達と約束してカレーをたべた。
 30年位前だろうか近くの新橋支店に赴任していたのに、松本楼は知ってはいたが食べたことがなかった。いつかはと思っていたが、ようやく実現した。
二階がカレー専門となっている。バイキング形式で野菜や果物などデザートなど自由に、何せ多く食べられないわたくし、デザートに杏仁豆腐だけだった。10/25にカレーのお話でカレーに含まれるグルクミンがいい。もう一度ぜひ見てください。

 カレーの後、新橋でカフェラテを頂いたのだが、これもすごく美味しかった。さすが新橋だ。田舎者の私には、すごく美味しい。が全部は飲めなかった。仕方がないが、おしゃべりできたことが楽しかった。こんなに自分がおしゃべりしたこと、何十年ぶりだろう!?いつも家庭の主夫となれば、パソコンと睨めっこで一日が終わる毎日だから「女房元気で留守がいい」と・・・。

 帰りの電車で居眠り、新百合を乗り過ごしてしまった。菊の写真をあっちにこっちに歩き回って2時間ぐらい撮りだめし、久しぶりのおしゃべりで疲れたのだろうか、それでも疲れず、すごく気分がよかった。おしゃべりは日ごろのうっぷんを払い、憂さ晴らしに、頭の中の疲れが洗い流される。おしゃべりは健康に、特に脳にとっては、必須のボケないための特効薬なのだと思う。女性が5年も男より長生ききするのは、おしゃべりできるからです。長寿には健康でおしゃべりがあってこそです。納得です。
 わたくしには健康談義を続けることが、「おしゃべり」の替りと頑張っているのです。我慢して読んでいただいてる皆様には、ほんとに感謝でいっぱいです。










inserted by FC2 system