健康談義2016/11/15
決勝戦は劇的な結末で勝った。優勝して感激したが、気分が何だか・・・、なぜだろう!?


 孫が、市内秋季野球大会で優勝した。土曜日夜、突然にあす決勝戦だと娘から連絡あり、翌日早速出かけた。久しぶりの野球観戦だ。手持無沙汰の毎日のわたくしに、孫の野球の観戦はいいリハビリになる。孫はショートで大活躍して優勝して感激したが、何かしら覚めた気分で盛り上がってこない。
 いつも「健康談義」に孫の成長を期待できることなど、新聞や本で知識をえて書いている。妻と娘の話題は子供の成長の話が多い。学校の成績や身長の話・・・など。別に身長が低いわけではないが、大成したスポーツ選手のからだが大きく、そうなってもらいたいのが世の多くの親の心情だ。勉強・体格・身長のことなどHPに掲載と同時に、参考になるものだけメールでURLを知らせていた。

 当然読んでいると思っても・・・、
「お父さんの話は長すぎる!」と一言。
「親の心子知らず」というか、面倒くさそうに、ヨーグルト食べています・・・。この日も朝早くから野球に出かけ、朝ご飯など十分食べたか??
「よく食べられるよう甘みつけにオリゴ糖やフルーツグラノーラがいいよ。身長や脳の働きをよくする栄養素がいっぱいなのだから」
と云っても、即座に、
「嫌いで食べない。好きでないものを押し付けるのはよくない!」
と一蹴されてしまった。😢
 それなら勝手にどうぞ!お好きなように、後から後悔しても遅いよ。いまが成長期で一番大切なのだよと、いいたいのだが、それも言えない。絶対に言えない。別に背が低いわけでもない。ただ背が高い方がいい。ただ今のままでは困る、平均的では困るという贅沢な悩みなのです。
「いまは背丈の伸びる時期ではないのかもしれない。晩熟というか、中学終わりから高校生になって伸びる人もある。お父さんも高校で伸びた」と教えてやりたいのだが、それ以上は聴く耳も持たない。これでは話すすべがない。何か煮え切らないものが胸にモヤモヤと・・・。何といっても運動している今が一番、いい。骨や筋肉が一番成長するときであり栄養をつけておくことが、将来、身体が大きく強く、身長も伸びるのです。・・・忙しいからとか、・・・で済ますとか・・・そのうちに、手抜きが一番悪い。「つけが後から回ってくる」のが世の習いなのです。

 まごの野球は緊迫した接戦、どちらも、よく攻め守るのだが、あと一本が出ない。孫はショートで守備は軽快でダブルプレイもあり、1点リードのまま最終回、相手の最後の攻撃、ノーアウト2、3塁と最大のピンチになった。次打者三振、3塁ごろで2アウト、最後のバッター本塁寸前タッチアウト、1対0で大接戦の末優勝でした。最後の走者のホームでのタッチプレイをめぐって、相手の監督の猛烈抗議があるも、判定覆らずアウトゲームセット、優勝!
うれしかったが、何かしらもう一つ。娘の言葉が何だかむねに引っ掛かる・・・。
 自分が間違ったことを言ってるのか。でもこんなことで悩むようではだめだ。解ってもらえるよう、また工夫することが大事だろう。本当のこと、うるさいといわれながら・・・嫌われながら・・・それが私の役目なのかもしれない。
「老いては子に従え」ということもあるが、こんなことで気後れするようなわたくしではない。








 

inserted by FC2 system