健康談義2016/10/24
こんなに栄養素がいっぱい詰まっているとは知らなかった。

 コーンフレークやフルーツグラノーラは袋の感じで子供の食べるお菓子のようなもの。我々とは全く縁のないものと思っていた。毎朝食べる手作りヨーグルトなのだが、今まではブドウなど果物とてんさいオリゴ糖が甘み付けだったのだが。季節を過ぎて、さて何を加えてたべたらと、考えていた。イオンでふと目にした若いお母さんの買い物かご、派手な袋の数々、子育て中のお母さんの買い物かご、牛乳やヨーグルトコーフレークやグラノーラの袋であふれるばかり。育ち盛りの子供がいるのだなあ、こんなものたくさん食べて・・・。と思ったのだが、私も買ってしまった。 ヨーグルトの甘み付けに入れて食べたらどうだろう。なんとおいしく食べられるのです。あさのヨーグルトにオリゴ糖に、季節の果物をふんだんに入れていたのだが、自分流のコーヒー牛乳にもコーンフレークを入れて食べる。

 ヨーグルトにも混ぜて食べるのです。コーンフレイグが口の中で粉々になるまで噛んで食べます。ヨーグルトを口に入れて、すぐ飲み込むようなことは絶対にしない。コーンフレークやフルーツグラノーラの栄養を口でかみしめるのです。ヨーグルトとそれらの栄養の効果は何倍にもなるよう念じて食べる。

 伸び盛りの子供たちばかりでなく、まったく今の私のための機能性食品でもあると思った。毎日少しずつとって、これだけの栄養が取れるなんて、すごい栄養機能食品です。まるで栄養剤でも飲んでいるような食品です。これにオリーブオイルを添加して食べるとダイエット効果を発揮することでしょう。腸壁をなめらかにして栄養吸収を高め不要物を排出する効果が高くなるからです。便秘の改善にはこれはいい。

 特に注目したのがビタミンB1です。エネルギー源となるのが「糖と脂とタンパク質」ですが、主食のお米には糖質であるブドウ糖が沢山ですが、脳の働きにはブドウ糖が一番なのです。日本人の脳はお米が支えたのです。ノーベル賞を毎年もらうようになったのも主食のお米かもしれません。脳はブドウ糖しか食べない。試験の日などは、特に甘酒を飲んでいったら頭が一番よく働くのだそうです。甘酒はブドウ糖の塊のようなものです。後ろに酒と付いているのですがアルコールは一切ありません。いくら食べても酔っぱらう心配はない。みんな字に勘違いしているのです。
お米の糖質をブドウ糖に変えるのがビタミンB1の働きがあるのです。子どもの時はおやつ代わりに食べたものです。おふくろが大きなツボにたくさん作ってくれていたのを思い出します。
 コーンフレークもフルグラにもビタミンB1がたくさん入っている。ヨーグルトに入れるのが楽しくなってきた。単独でがりがり食べると、ちょっと癖があるのだが、ヨーグルトの味付けに、いれるとヨーグルトの味が引き締まるし、フレークやフルグラの噛む感じが快くて、ヨーグルトを飲むよりは噛んで食べる感じになり、内臓にとって優しい食べ方になり、栄養が最も体に取り込まれることになる。
 頭がよくなるのは認知症やアルツハイマーの予防にもなるはずだ。もうビタミンB1は手軽に取れる格好の食べ物であることがわかる。脳の活動の維持ばかりでなく、老化防止にも役立つとなると、こんなに我々にとって格好な食べ物はない。子供の頭がよくなる、勉強ができる。頭を使う学童には、おやつ代わりにすれば、これに優る「おやつ」はない。我々には脳内革命ができるかもしれない。学力向上ともなれば、進学前の子供を持つお母さま方の悩みやストレスの解消にもなる。そのうえ美容や便秘ダイエット効果も期待できるから、直接的に、間接的にも計り知れない素晴らしい効果を得られることになるかも・・・。
---------------------------------------
 コーンフレークに含まれる栄養素。
1
食分に牛乳200mlを食べると、1日に必要な9種類のビタミン、カルシウム、鉄の30%以上が取れる。鉄は、赤血球を作るに必要な栄養素、ビタミンB1は炭水化物からエネルギーと皮膚や粘膜の健康維持を助ける。カルシウム、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミン6、ビタミン12、ナイアシン、ビタミンC、葉酸、バントテン酸など9種類のビタミンがとれる。

albeeフルグラに含まれる栄養素
エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム、カルシウム、鉄、カリウム、リン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビタミンD、コレステロール
https://nestle.jp/wellness/kids/mama/vitamin-b.html

 

inserted by FC2 system