健康談義2016/10/11
いまからだが一番欲している栄養の塊、タマネギの効用はすごい。


 顔色の悪いこと、鏡で自分の顔を見るたびに嫌気がしていた。夕飯は茶碗にいっぱい食べるのが精いっぱいで、腹いっぱいという感覚は、もう絶対にないのだから体重がもとにもどるなんてことはありえない。食の細さが顔の色つやにはっきりとしていた。何とかしたい。思うことはいつも同じ変わりなかった。
これではみすぼらしい体つきになるのは当然だ。背中や腰が曲がるでもなく身長だけは術前維持だ。いまだ骨粗鬆も心配することはない。
減って当然なのは体重だけ、仕方がないと、あきらめてはそれまで・・・。

 あさ食パン8枚切りの一枚食べるだけなのだが、タマネギをたっぷりと頂くようにしている。ピーマンとタマネギをオリーブオイルで炒めて、食パンに乗っけた薄いハムの上に、いろいろな作り置き(芝エビ、レバニラ、カキ、ヒジキ)に「とろけるチーズ」を乗っけてレンジした朝食です。新聞やパソコンを見ながら、ゆっくりゆっくりと噛んで食べる。牛乳とコーヒーの自分流のカフェラテもついてます。絶対に飲んで流し込むことはありません。これがいいのです。「ながら朝食」が終わっても、牛乳多めのカフェラテ2時間近く続けることもある。

こんな本を図書館で、長い題名の本だが、
「タマネギはガン・心血管病 ぜんそく・骨粗鬆症にも有効効用」

すべてデータに基づいて研究した資料をもとに書かれている。実験や統計から証明されているのだから、心強い話だった。
本の題名をデータで証明している。すごいことだ。タマネギに感謝しなければならない。
大きなタマネギを詰め放題だとか一個48円とか、スーパでーで、これだけの効能を摂取でき年中食べられる。
我々にとって薬以上のこれだけの効能を知ったら食べないわけにはいかない。

タマネギはがん・心筋梗塞・喘息・骨粗しょう症にも有効で
胃がんん予防にタマネギとチーズ製品、野菜、果物
フラボノイド(ケルセチン)殺菌作用・発がん抑制作用

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51X-Dq-BOrL._SX353_BO1,204,203,200_.jpg

inserted by FC2 system