健康談義 2016/08/17
新しい世界が開けてきた!半世紀も前の眼を取り戻した。本は読めるしテレビは見える。車の運転は自由自在に・・・。医学の進歩に感謝!!

 
 今更わかりきっていることを言うようだが、白内障の手術もっと早くやっとけばよかった。…を食べてよく見えるようになったとか、こめかみをもんで進行を抑えたとか、独りよがりで納得していたのが馬鹿らしく思われる。医者から白内障が進行しない薬をもう何年もらっていたのだろう。薬も薬だが無駄な時間を過ごした感じ・・・。

 中学校の同窓会に出席して、その前日、元会社の支店の女性3人が、わたくし一人の歓迎会をやってくれた。話が弾んで昼過ぎに始めた会が、5時過ぎまで知らないうちに経ってたのだが、そのとき「男は往生際が悪い。白内障なんて病気のうちではない。さっさと手術すればいい」と、けしかけられた。旅行から帰って、すぐに手術の予約をしたのだが、いつも行っていた眼科は近所の評判があまりよくない。家内が卓球の友達から聞いてきたわが駅から3駅目の向ケ丘遊園の「あんどう眼科」に申し込んだ。

 岡山に行ったのが7月7日だから、かえってすぐに申し込み1週間後には、より悪い左目を手術した。その1週間後には右目の予定だったが、孫の野球と重なって手術を遅らせたのだが、右目も昨日済ませ、きょうガーゼをとってもらった。経過良好と・・・。
 昨日、片目で歩いて帰ったのだが、見える方の眼は、新聞を読めるようピントを設定してもらっているので、片目だけの往く道、きょうは遠近感乏しくふらふら、足元が少々おぼつかない。

 きょうはガーゼを取って両目開眼、素晴らしい世界が待ってると期待していた。
およそ1ヵ月で、こんなに良く見えるようになるとは、驚きの連続です。誇張ではありません。まったく前と違う世界が出てきたのです。
 テレビは高校野球やオリンピック、もう鮮明に見えて、これがテレビと驚く。4Kテレビはもううちでは必要ない、買いません。これで十分です。家電会社には申し訳ないが・・・高齢化が進んでも4Kとか超ウルトラビジョンTVまず売れないね。いまではウルトラビジョン並みに見えるのだから。

 図書館にもすぐに行った。なぜもっと早く手術しなかったのだろうと、反省することしきりだ。今まで新聞見ながら、ワープロの字が鮮明に見えるし、パソコンの時、頭を前後に横に動かすことが、腰痛の原因ともなっていたのだが、頭の位置は、そのままパソコンに向かって、ただ手を動かすだけ。楽ちん楽ちん超簡単!
 今までは間違いがあっても、見直すときによく見えなかった。修正もままならなかった。それでも我慢していただいていたが、今後は少々楽に読んでいただけると思っています。公開した自分のホームページを後からみると、お恥ずかしい限りで、誤字や当て字など間違いを見つけては修正をしていました。

 XPだった私のパソコン、OSを知らないうちに半ば強制的にウィンドウズ10に変えられました。問題になってあれはなくなりましたが・・・。ウィンドウズ10では、字を簡単に拡大でき、立ち上がりが早いし動作がいい感じ、指でも画面操作ができるように仕様になっていて、XPに慣れている者には、操作が速すぎることがある。それはいいのですが、あれ以来、今まで使っていたATOKがどこかに消えて使えなくなってしまった。マイクロソフトのワープロソフトは、さすがにATOKにはかなわない。日本語には弱く、書き込みエラーなど増えた原因です。誤りが多くなったうえに、よく見直しはすれど、インターネットの標準フォントが、小さすぎて、よくよく見ないと誤字や脱字など探せなかった。「お粗雑・怠慢・横着・見直し不足」と言われれば、それまでですが・・・・。

 こんなによく見えるようになっては、もう間違いは許されません。それでも間違えるのがわたくし、ひらにお許しを・・・。こんな気分で書く「健康談義」です。少しは前よりは、楽しく、愉快な、読みやすくなるでしょう。これからも頑張ります。応援のほどよろしくお願い申し上げます。

inserted by FC2 system