健康談義 2016/07/26
ポケモンGO,マクドナルドなど外敵からの健康被害は自分で守る。


 あれほどゲームの世界で隆盛を極めた任天堂が凋落していく年か、今まさに流星のごとくよみがえってきた。私が現役のころ任天堂のゲームのカートリッジに株式売買システムを組み込んだ。今はもう証券売買はネット売買が当たり前、振り返ればもう20数年も前のことだった。カートリッジの開発や販売を担当していたのです。懐かしい。業界に先駆けてゲーム機で証券売買を始めたのです、サンラインといいます。今はネット売買が当たり前、機能も充実して、もう証券にはネット取引は当たり前のことになっています。むしろネット証券が多すぎて、淘汰の動きもあるくらいです。

 あの時隆盛を極めていた任天堂もパソコンの普及で、ネットの世界に後れ衰退の道、それが突如、米国発のポケモンGOでよみがえってきた。昨日25日駅前をウォーキングしていたらマックの前、人だかり。みんなスマホを眺めながら・・・異常な光景でした。女子高生だろう数人で奇声をあげていた。ゲームも一般化されてそろそろ曲がり角・・・いずれ衰退・・・と思っていたが、これはちょっとただごとでないかんじ・・・。いい若者がゲームに心を奪われて、うつつを抜かすとは。先を憂う。子供や主婦が会社員が・・・、こんなものに心を奪われたら、日本の先行きはどうなるのだろう。

 いつも思うことなのだが、もうスマホは当たり前、ガラ系の携帯。時代に取り残されるのか・・・・。

と思いながらも、これでまた日本の若者が姿勢が悪くなる。みんな鶴首で猫背になる。いつも電車に乗って思うことなのだが、みんな下をうつむいている、つり広告に目をやっている人など皆無、広告料は安くなっているのだろうと、いらぬ変な心配をする始末。

20年度から小学生からプログラミングを教育の必須科目とする。スマホをあれだけ操作する力をプログラミングに注げば、日本もAIやIoT、ロボットなどの進化に素晴らしい力となってくるだろう。スマホを楽しむより楽しませる人になるほうがいい。プログラミングをできる人がいい。

 自分が今でもこの年になってインターネットの世界にいられるのは、50前に病気をしてこれからは、ネットの世界になると、ポケコンで証券に関するいろいろな販売方法を組み込んだからだと今でも思っている。そのとき読んだ本が、マイコンとは?だった。パソコン!その時のBASICというプログラミングを知ったからだと思う。これからの時代はパソコンなくして考えられないことを教わった。それがなかったら私の証券時代はなかった。普通の営業マンで終わっていただろう。これだけはありがたかった、病気で休んだ時にそれを知ったからです。人間休むこともまた、前進の糧になる。

 

 外食産業のマックもそうだ。食品偽装で売上高減るばかりだったマクドナルドも今まさに急回復している。雇われ社長が大きくし、ベネッセに手腕を請われて移籍した途端に顧客データネット流出で不振になり、マックも鶏肉偽装事件で業績が大きく低迷、ついてなかったといってばかり言えない。経営手腕をどうのこうのと、ただ時流の自然のながれだったとは言えまいか・・・。もうあれ何年になるだろう。

明るいニュースはいいのだが、外食産業が日本の食卓を汚しているいることを忘れてはならない。油や鶏肉だけでなく異物混入はまだ日常茶飯事なのです。

いいニュースに隠れているのです。すっかり忘れてまたマックがおいしくなったと、喜んで食べている日本人は本当にお人よしなのです。あんな話が出たら米国では何軒も訴訟問題が起こっている。ちょっとやそっとの金額ではないのです。

http://matome.naver.jp/odai/2142072436334987801

 
 ポケモンGOや新しいメニューで目先を交わされて、騙され続けている日本人をお人よしと、裏では舌を出して、わらっていることをお忘れなく。マックの異物混入が許されたものではない。まだ異物混入や食油の問題は一つも解決されたとは言えない。これで許されるならますますファーストフードの横暴を拡大させ、日本の子供たちの健康をむしばみ、将来がんや習慣病が増えることはあっても減ることはない。生活習慣病と医療の進歩が鼬ごっこになってます。着実に進歩している医療ですが、こんな外敵がどんどん進出してくる日本の現状に追いつけないのかもしれません。

健康は自分で守るしかないのです。

inserted by FC2 system