健康談義 2015/09/11
ストレッチングボード & ピラテスポール

 もう何日天気が悪い日が続いたのだろう。きょうは久しぶりに陽が輝くのだが、東北は、まだ大雨洪水警報が出ている。
退院してからリハビリは続けているが、朝のウォーキングは雨降りで、もう何日もやっていなかったが、今日は久方ぶりに歩いた。
やっぱり朝のきれいな空気を吸いながら歩くのは気持ちがいい。腕もよく振れるようになったし手術の傷跡も痛まなくなった。

 全国的に今回の台風は大雨で未曾有の被害をもたらした。
私にとって朝のウォーキングはリハビリにとって切っても切れない重要なものであったが、この大雨の影響で、寒さや湿り気は、体力回復に水を差すものだった。
 ところが、それを防ぐことをすぐに私はやっていたのです。
 
 ボードとポールです。
ストレッチングボード & ピラテスポールという健康器具です。以前、健康談義でお勧めしたことがあります。覚えておられる方、それを機会に買った方もおられるはずです。いまはお蔵入りという方も、もう一度始めてみては・・・。きっと素晴らしい健康効果を体験できることでしょう。

 ストレッチングボードには、「1日90秒のストレッチング」と、説明があるが、私は、朝起きしてすぐに上がる。ただ5分間だけ、足からひざ、ひざから腰まで、手をひざついてグルグルと回す。そして手は左右上下にぶらぶら全身を前後左右に動かす、動きに決まりはない。
 乗った初めは、足首から腰まで、引っ張り感があって、少々ひざやふくらはぎにきついが、1分もすれば、体も柔らかくなり、左右上下に滑らかに動き出す。血液循環やリンパ循環がよくなって身体全体の筋肉が柔らかくほぐれていることが、これだけでよくわかる。

たったの5分間ですが、この5分間が意外に長く感じる。朝のラジオ体操やウォーキングは、時間がかかっていやだ。めんどくさい。
そんな無精者や横着者には、もってこいの運動です。これにすぐる運動効果を得るものは、これをおいて他にない。
自分自身で体験し確認しているから断言できます。

 ピラテスポールは
伸ばす、緩めるの脊髄のストレッチ効果を、ただ寝転んで揺らすだけでできる。
脊柱(脊髄)の本来あるべきナチュラルカーブを取り戻す。と説明書にあるが、今の私にとって、これこそがいま一番必要な健康回復の補助器具で、これにかなうものはないと思う。 胃の切除でむ胸前が、なんだか自然に前に垂れこむ感じになる。鳩尾(みぞおち)がへこんで頭が知らぬ間にまえに垂れている。
 スマホをやる若者は鶴首のように、肩を丸めて頭を垂れた悪い姿勢。電車の中で見てください。8割の若者がそうだ。この姿勢の改善に、ピラテスポールに乗って、1日1回ぶらぶら背骨を揺らすだけでいい。それこそスマホを見ながらピラテスポールに乗って、ゆらゆらと背骨を緩めるだけでいい。姿勢回復のいい器具になること間違いないと思う。

 私はスマホはやらないが、パソコンや携帯の前にいる時間は、若い人には負けないぐらいだが、それを利用する姿勢も若者には決して負けない。自信があるし自負できる。それもこれも、この器具があってのお蔭だと感謝している。

inserted by FC2 system